出版文化社 共同出版事業部

誰でもすぐ入居できる国営老人村構想

「少子超高齢化」社会を迎え、様々な問題を抱える現代。人間には死を自己決定する「自由死」を選ぶ権利があるのでは? 自由死する権利について問題提起する1 冊

新約聖書を通して「ナザレのイエス」の思想に出会い、思索を深めてきた著者が、その宗教的確信に基づいて、「少子超高齢化」へ向かいつつある現代人の「新しい死に方・死に場所」を提唱した。核家族化の進展、親子の断絶、中高年層の離婚、シングル族の急増などによる独居老人の増加といった現実の前で、地域性と家族性を重んじる日本型福祉に限界があることを指摘し、新たに「自由死(断食自然死や自己安楽死など)公認の国営老人村」の設立構想を提示している。

はじめに
西部邁氏の自裁死と自殺幇助をめぐって
1 章 最後のセーフティ・ネットとは何か
2 章 自由死公認の国営老人村を提案する
3 章 うまく老い、安らかな死を迎えるための要件
4 章 社会保障費削減への一つの試み案
5 章 社会保障制度改革国民会議と私見
6 章 「死に方」についての考察
7 章 終末期医療の在り方と自由死(断食自然死や自己安楽死など)の権利について
 
著者 杉本尚司(すぎもと しょうじ)
監修
発行 杉本出版
価格  800円+税
情報
  • ISBN : 9784883386598
  • 体裁 :A5判並製 67ページ
  • 発売日 : 2019年4月