出版文化社 共同出版事業部

筋骨矯正術創始者 井上仲子

「体の歪みと筋骨の不整」に着目した奇跡の療法
大隈重信をして「平凡なだけに真理があり面白い」と言わしめた療法、筋骨矯正術。
この独自の療治を創案し、何病気病の数々を治していった井上仲子。
その生涯と療治の原理を、没後九十年を迎える今、仲子の曾孫である著者が蘇らせる。

【目次】
第一章 筋骨矯正術とは何か
1.筋骨矯正術の発明
2.筋骨矯正術の原理
3.姿勢と健康
4.筋骨矯正術の源流を探る
5.医師との論争
6.「はらすじ」の正体や如何に
7.自然治癒力を引き出すために
8.治療の効果

第二章 井上仲子とはどんな人物だったのか
1.年譜
2.若い頃の仲子
3.迫害と偏見に屈せず
4.仲子の思想
5.不思議な夢
6.道一筋に
7.仲子の一人息子、健一について
8.仲子の孫、道雄について

第三章 井上仲子がこの世に遺したかったもの
1. 治療への確固たる信念
2.筋骨矯正術の心
3.東上の経緯
4.関東大震災と仲子~歴史の検証とともに~
5.曾孫の使命~大阪市政の歪みをただす~
6.東洋のヲステヲバセ

発行 井上浩
価格 1000円+税
情報
  • ISBN :9784883386758
  • 体裁 :  四六、並製、156頁
  • 発売日 :2020年4月19日