出版文化社 共同出版事業部

浪速の少年…博徒たち
第一巻 浪速のガキの遊び篇

切なくノスタルジックな少年時代を活写する渾身の一作

時代は焦土の傷跡も生々しい昭和20年代から30年代。舞台は「大阪のブロードウェイ」と呼ばれた新世界界隈、「極道の本場」と呼ばれていた阿倍野の下町、西成界隈。
下町の子供たちは周りの大人や極道者も遊び相手にして、卑猥な言葉を囃したてたり、手ぇ本引き博徒さながらの賭博に興じたりしながら、強く、明るく、逞しく成長していった……。臨場感あふれる大阪弁で描く朝立十兵衛ワールドを堪能あれ。

◆浪速の下町のガキどもと、住民気質!
「天邪気野球!」と「ガキの使い!」
◆オカマとヤクザと、ガキの関係!
オカマのローズさんと筋彫り競争!
◆警察官、賭け将棋、モヤガエシ!
「将棋神童!」対「刑務所認定の将棋二段!」
◆手ぇ本引き賭奕の天才は、この地から生まれる!
天才少年「小田!」に舌を巻いた水田ラッパー
◆賭奕貸しの・・・賭奕貸し!
超裏技「バクバク貸し!」博徒の窮地を救う!    ほか計13篇
 ‚Ȃɂ폭”N_ƒJƒo[
著者 朝立十兵衛
監修
発行 ROCK・MoTioN・LTD
価格  1,000円+税
情報
  • ISBN : 9784883385799
  • 体裁 :四六判上製 304ページ
  • 発売日 : 2015年6月16日