出版文化社 共同出版事業部

神のささやき

天から降ろされたメッセージを書き続けた著者の第5作。

「普賢岳火砕流」「東日本大震災」などの預言を降ろした神は何を伝えたかったのか? 迫りくる大震災や異常気象のなかで生きのびるための必読書が、10月下旬販売開始 !!

5作目ではじめて公にされた、天からの教え。「愛の詩人」「癒しの達人」とも称される著者の「幸せの処方箋」とともに!。<「日記」+「天からのメッセージ」>という分かりやすい構成です。

プロローグ

【第1章】

1987年(昭和62年)/光の柱が降りてきた

1988年(昭和63年)/天からの「ことば」を書き始める

1989年(昭和64・平成元年)/霧島東神社での神秘体験

1990年(平成2年)/神事に携わる人たちとの多くの出逢い

【第2章】

1991年(平成3年)/湾岸戦争・雲仙普賢岳火砕流の預言

1992年(平成4年)/船井幸雄先生との出逢い

1993年(平成5年)/倫理研究所・丸山敏秋さんとの出逢い

1994年(平成6年)/よろしゅうたのんますの左右

1995年(平成7年)/阪神淡路大震災の預言

1996年(平成8年)/講演会六十二回。訪れた地は二十一県

1997年(平成9年)/ (●/注意)がうっすらと見えてくる

1998年(平成10年)/箱根九頭竜神社・富士山神社巡り

1999年(平成11年)/遊びほうけ、エゴの楽しみを幸せと勘違い

2000年(平成12年)/先祖の息吹を感じる大三島へ渡る

【第3章】

2001年(平成13年)/見えないものの商品価値

2002年(平成14年)/今年のキーワードは「ニン」

2003年(平成15年)/今年のキーワードは「ハツ」

2004年(平成16年)/人々口にせし言葉に責任を持て

2005年(平成17年)/今年のキーワードは「シュク」

2006年(平成18年)/神示しの誘いのまま歩み行く

2007年(平成19年)/不要なものを取り除くと光が見える

2008年(平成20年)/体借りたり。意のままにならぬことも多し

2009年(平成21年)/数十分間の臨死体験…

2010年(平成22年)/ただ一つ、天の意志は愛なり

2011年(平成23年)/東日本大震災の預言

エピローグ

追記

sasayaki
著者 迫登茂子
監修
発行 青鷗社
価格  1,500円+税
情報
  • ISBN : 9784883385546
  • 体裁 : 四六判(128×188) 上製 416ページ
  • 発売日 : 2013年10月31日

著者プロフィール

迫登茂子(さこ・ともこ)
1931年大阪生まれ。宮崎師範学校卒業。宮崎県都城市立南小学校、東京都武蔵野市立第三小学校教諭を経て’64年退職。自宅で子供に勉強を教える寺子屋塾を開き、民生委員として地域の活動に関わる。’87年2月、不思議な出来事を経験し、以来ずっと不思議体験が続く。
著書に『自分のこころに気づく本』『素直なこころになれる本』(ビジネス社)『なんにでも「ありがとう」』(講談社)『みんないい人ね』(風雲舎)。詩集『愛』『ことのは』など私家版も多数。全国で講演も行う。 不思議体験をした日に因んで、毎月「十一日会」を主宰し、愛と癒しを伝えている。