出版文化社 共同出版事業部

失われた白い夏

サスペンスファン必読、画家が放つ小説第4作目が誕生!!

画家が書いた小説4作目のサスペンス。
42年前、7歳の少年。あの夏祭りの日に起きた凍りつく出来事とは――。
父の失踪、家庭崩壊、母の狂気と嵐の日々……。身に降りかかる不幸を乗り越え、主人公・坂口修平は画家として成功を手にし、幸せな家庭を築いていた。
だが、修平は自らの“絵画”を追求しようとした時、家庭を手放さざるを得なくなったのだがそんなある日……。

ピー、ヒャラ‥ピー‥ドンドンドン♪  テケテケテケテケ‥ドンドンドン♪

夏の日にふと耳にした祭囃子の明るい拍子と母の唇に塗られた真っ赤な口紅に修平の「何か」が反応した。
暗闇にあるような42年前の遠い記憶の糸を紡ぐようにして蘇らせ、修平は見てはいけないものを見てしまった過去を思い出す。そしてついに、父の失踪にかかわる大いなる謎”を“ある協力者”とともに解明するのだった。

売れっ子画家の人生の闇に迫る哀しさをベースに、兄弟や親子、そして夫婦の絆と愛を問う異色のサスペンス小説が登場した――。

目次
第一章 枯野
第二章 油照
第三章 雨降る季節
第四章 匂いなき闇
第五章 心ゆるびか
第六章 にわか雨
第七章 夏祭り
第八章 蝉時雨
第九章 散る桜

著者 西炎子
発行 Enko企画
価格  1,100円+税
情報
  • ISBN :978-4-88338-601-7
  • 体裁 : 四六判 上製 230ページ
  • 発売日 : 2016年9月16日
西炎子(にしえんこ)
画家・兵庫県出身著書

『パッション(還る場所を探して)』2008 年刊行
『戯・白い灯小町』2011 年刊行
『懸ける女』2013 年刊行