出版文化社 共同出版事業部

メキシコの投資・M&A・会社法・会計税務・労務

メキシコ進出に係る進出前の情報収集から進出後の拠点運営上のポイントをまとめた唯一の入門書

メキシコは2度の通貨危機を乗り越え、豊富な資源とアメリカに隣接した地理的好条件を背景に、堅調に経済成長を続けています。今やメキシコは、NEXT11やMINTなど、次の有望国・新興国群に名を連ね、G7、BRICSに次ぐ経済規模を誇る存在となっています。
2014年7月の安倍首相訪墨を初め、北南米への自動車供給のハブとして年間100社にも及ぶ日本企業のメキシコ進出、ペニャ・ニエト政権の外資呼込み政策(エネルギー・通信改革、外資規制の一部撤廃等)などを背景に、メキシコと日本との関係もより緊密になっています。
今後もメキシコは、ラテンアメリカ戦略の拠点であることはまちがいありません。その一方で、メキシコの主要言語はスペイン語であるため、多くの日本企業が情報収集に苦労しています。特に会社法、税制、労働法などの制度面で日本やアジア圏のそれとは大きく異なる部分があり、ラテンアメリカに初めて進出する企業にとっては難しく感じられることも多いです。本書はメキシコ進出の入門書として、投資環境の基本的な情報から、拠点設立、M&A、会社法務、税務、会計、労務に至るまで、ビジネス展開に必要な情報を収録し、進出前の情報収集から進出後の拠点運営上のポイントをまとめています。
本書が多くの皆様の、メキシコ進出およびその後のメキシコビジネスの一助となれば幸いです。

 

目次
はじめに

Ⅰ 基礎知識
Ⅱ 投資環境
Ⅲ 設立
Ⅳ M&A
Ⅴ 会社法
Ⅵ 会計
Ⅶ 税務
Ⅷ 労務
付録 アルゼンチン、コロンビア、チリ、ペルーの投資環境

さくいん

著者 久野康成公認会計士事務所
株式会社東京コンサルティングファーム
監修 公認会計士 久野康成
監修 TCG国際弁護士法人
発行 TCG出版
価格 3,600円+税
情報
  • ISBN :978-4-88338-568-3
  • 体裁 : A5判 並製 424ページ
  • 発売日 : 2015年4月21日

著者プロフィール

久野 康成(くの やすなり)
久野康成公認会計士事務所 所長
株式会社東京コンサルティングファーム 代表取締役会長
東京税理士法人 統括代表社員
公認会計士・税理士・社団法人日本証券アナリスト協会検定会員

1965 年生まれ。愛知県出身。1989 年滋賀大学経済学部卒業。1990 年青山監査法人(プライス ウオーターハウス)入所。監査部門、中堅企業経営支援部門にて、主に株式公開コンサルティング業務に係わる。
クライアントの真のニーズは、「成長をサポートすること」であるという思いから監査法人での業務の限界を感じ、1998 年久野康成公認会計士事務所を設立。
営業コンサルティング、IPO コンサルティングを主に行う。
現在、東京、横浜、名古屋、大阪、インド、中国、香港、モンゴル、タイ、インドネシア、ベトナムほか世界27 カ国にて、「第2 の会計事務所」として経営コンサルティング、海外子会社支援、内部監査支援、連結決算早期化支援、M&A コンサルティング、研修コンサルティング、経理スタッフ派遣・紹介等幅広い業務を展開。国際会計事務所グループGGI(世界第6 位)の日本におけるグローバルアライアンスメンバーファームに加盟。
著書に『できる若者は3 年で辞める! 伸びる会社はできる人よりネクストリーダーを育てる』『あなたの会社を永続させる方法 成長戦略~事業承継のすべて』『もしかけだしカウンセラーが経営コンサルタントになったら』ほか多数。