出版文化社 共同出版事業部

販売代行サービスの詳細

各コースの固定費と従量費を合算したものが、販売代行にかかる総費用となります。
販売代行費 基本コース 登録コース
書店からの受注ならびに初回配本を行うサービスです。固定費用(450,000 円)に加えて従量費用(金額は以下の表を参照)が発生します。 取次登録のみを行うサービスです。そのため、書店からの注文対応は行いますが、初回配本(書店陳列用の出荷)は行いません。固定費用(300,000 円)のみのご請求します。なお、初回預かり部数の上限は200 冊です。
固定費 450,000円 300,000円
従量費 別途お見積り
固定費に含まれるもの
  • ISBN コード取得ならびに取次への新刊登録に係る費用
  • Amazon 等への登録費
  • 書店やネット上の販売による1 年間の販売代行費
  • お預かりした書籍の1 年分の倉庫保管費(入出庫、在庫)、改装費(返本書籍のカバー、帯、スリップの交換)
  • 書店、読者等の注文対応
  • 取次との精算業務
  • 1 ヵ月毎の出入庫の報告
  • インターネットを利用したニュースリリース配信(1 回あたり最低20のWeb ニュースサイトに掲載されます)
固定費用に含まれないもの
  • 制作に係る料金(企画立案、リライト、執筆、編集、DTP、校正、装幀、入稿データチェック、印刷、製本など)
  • 発売から1 年を経過して以降の一切の業務(販売代行費、取次対応、弊社以外の直販、倉庫保管費、売上報告など)
    ※発行から1 年を経過した時点で、その後の在庫の扱い方(販売継続、返却または断裁)についてご相談します。2 年目以降も流通を継続される場合は、1 年単位で預かり部数分の従量費用をご請求します
    ※2 年目以降の在庫報告は、売上状況に応じて3 ヵ月~半年に1 回のペースでお知らせします
  • 預かり部数が当初の予定を上回った場合の従量費用
  • 発行所の依頼による書店以外の発送先への配送費
  • 広告等販促費用(新聞、雑誌、その他メディア等への広告出稿、ニュースリリース配信など)
    ※新聞、雑誌等への広告掲載を希望される場合は、廉価にてお請けします。また、インターネットによる販促方法もありますのでお気軽にご相談ください
    ※メディアへのニュースリリースは運賃、梱包、リリース作成費として1 件あたり800 円にて発送を承ります(書籍の厚さ2cm 以内の場合)

費用の目安

サンプル1:2,000部印刷、1,500部流通、定価1,500円、208頁、並製、四六判、本文1色、カバー付・帯付

企画立案費 別途
原稿料 別途
リライト 別途
編集
(進行管理、校閲、表記統一、ゲラチェック、入稿データ確認、色校チェック)
380,000円
ページデザイン費(目次・本文・索引) 30,000円
DTP(インデザインを用いた組版作業/初校・再校・念校まで) 380,000円
図表作成・写真挿入 別途
校正 140,000円
装丁(デザインおよびデータ作成) 200,000円
印刷・製本費 580,000円
販売代行費(固定費) 450,000円
販売代行費(従量費) 228,400円
合計金額 2,388,400円
売上目安
書店販売:1,500部×1,500円×60%=1,350,000円
直接販売:500部×1,500円=750,000円
合計売上:2,100,000円

サンプル2:3,000部印刷、2,500部流通、定価1,500円 208頁、並製、四六判、本文1色、カバー付・帯付

企画立案費 別途
原稿料 別途
リライト 別途
編集
(進行管理、校閲、表記統一、ゲラチェック、入稿データ確認、色校チェック)
380,000円
ページデザイン費(目次・本文・索引) 30,000円
図表作成・写真挿入 別途
DTP(インデザインを用いた組版作業/初校・再校・念校まで) 380,000円
校正 140,000円
装丁(デザインおよびデータ作成) 200,000円
印刷・製本費 700,000円
販売代行費(固定費) 450,000円
販売代行費(従量費) 443,300円
合計金額 2,723,300円
売上目安
書店販売:2,500冊×1,500円×60%=2,250,000円
直接販売:500冊×1,500円=750,000円
合計売上:3,000,000円
※上記金額はすべて税別価格です。
※上記金額は、弊社が制作から印刷まですべて請負った場合の目安です。ご要望に応じて個別に見積りを作成します。
※過去に書籍(自費出版も含む)を発行した版元との出版契約が解除されていれば、その書籍に弊社のISBNコードを新規に発行して流通することも可能です(奥付、バーコード等の作成ならびにシール貼付については別途課金)。
※前付とは本文の前に収録するもの(まえがき、目次など)、後付とは本文の後に収録するもの(あとがき、参考文献、索引、奥付、巻末広告など)を指します。

お支払する売上金

共同出版事業部を通じて販売した書籍の売上金は、発行人(著者)に下記の通りお支払いいたします。

定価×実売部数×60%

※お支払いは、発売から1年後に締め、3ヵ月後の10日にお支払いいたします。
※お預かり部数が多い場合には、発売から1年後の締日にも、返本がおさまっていない可能性もございます。その場合には、実質的な実売部数を予測し、お支払い金額を制限させていただくこともございますので、予めご了承ください。