出版文化社 共同出版事業部

名古屋どえりゃあ列伝 アフターコロナを勝ち抜く処方箋

ビジネスパーソンに勇気を与えるヤンチャ会長の一代記

名古屋近郊の町・蟹江に本社を置く「カニエJAPAN」の創業者、黒川公明。
戦後の混乱期に15 歳で商売を始め、22 歳で「カニエプロパン」を設立。太陽光発電などにもいち早く着手。
伊勢湾台風の被害にも「負けてたまるか!」と立ち向かい度胸と才覚でつかんでいった商機、先人からのさまざまな知恵――。
“ ヤンチャ会長” が「アフターコロナ時代を生きていくヒントにしてほしい」と自身の生きざまを伝える渾身の1 冊!

【目次】
第 1 章 名古屋どえりゃあ列伝
戦争に負けてたまるか/不渡り手形、取り返したるでよ……
第 2 章 先人たちの知恵に学ぶ
焼夷弾とふとんの効用/感謝に敵なし、反省に終わりなし、ブランド力で生き残る……
第 3 章 次世代を切り拓くビジネスのヒント
即断即決、即撤収/ものごとの途中は見ず、先の先を見る……
第 4 章 アフターコロナを生き抜くための羅針盤
何事も一番を目指す野心を持ち続ける/チョット待った! 今がチャンスの顛末……

著者 黒川公明
発行 時局社
価格 1,500円+税
情報
  • ISBN : 978-4-88338-679-6
  • 体裁 : 四六判 上製 272ページ
  • 発売日 : 2020年9月16日